I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

知的生命体は環境の撹乱の中で

ところで,もし地球外に知的生命体が存在するとしたら,どんな星に住んでいると思うだろうか。多くの人は,それは私たちが直接知っている現在の地球のように比較的過ごしやすくて安定した惑星だろうと考えるのではないだろうか。これもラウプが教えてくれたのだが,NASAをはじめとした地球外知的生命体探査(SETI: Search for Extra-Terrestrial Intelligence)の研究機関も,かつてはそのように考えていたとのことだ。でも,「かつて」ということは,いまはちがうということである。いまでは,もし高等な知的生命体が存在するとしたら,それは安定した惑星環境ではなく,種の絶滅を引き起こす環境の撹乱がたっぷりとあり,それによって種分化が促進されれるような惑星環境,つまり理不尽な絶滅が起こるような惑星にちがいないと考えられているのである。

吉川浩満 (2014). 理不尽な進化:遺伝子と運のあいだ 朝日出版社 pp.80

twitter

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /