I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

同じじゃなくても良い

 勉強にまったく身が入らないのでは,その時間は無駄でしかない。そのことは,何百万という学生が身をもって学んでいる。とはいえ一般に,勉強のときと同じ精神状態でいるときのほうが,試験で力を発揮できると言われる。もちろんそれには,アルコールや大麻を摂取した状態や,覚せい剤による興奮状態も含まれる。また,気分,先入観,知覚も大切だと言われる。要は,勉強中にどんな気分になるか,どんな場所で勉強するか,どんなものが目や耳に入ってくるか,といったことなのだ。
 これらの影響——いわゆる精神状態と外的な要因——について科学的に調べた調査結果によると,学習の大事な部分への影響はほとんどないことがわかった。そうした影響に気づくことがあったとしても,自分の時間を最大限有効に活用できるという。おかしなことに,この調査によって,ルールの順守という原則が覆されてしまったのだ。
ベネディクト・キャリー 花塚 恵(訳) (2015). 脳が認める勉強法:「学習の科学」が明かす驚きの真実! ダイヤモンド社 pp. 67-68

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /