I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

マジックミラー錯覚

 マジックミラー錯覚は透明性錯覚の逆である。なぜなら,透明性錯覚が「自分が見えているから他者にも見えるだろう」と感じるのに対し,マジックミラー錯覚は「自分に(他者が)見えていないのだから他者にも(自分が)見えていないだろう」と感じるのだから。しかし自分の状況から他者も同様の状況(透明性錯覚であれば見えているという状況,マジックミラー錯覚であれば見えていないという状況)だと推測するという点では,二つの錯覚は共通する。これを知識の呪縛という。自分の知っていることに囚われて判断してしまうという意味である。そしてこのことは,他者の視点に自分の視点をうまく合わせられないことに起因するものである。
岡本真一郎 (2016). 悪意の心理学 中央公論新社 pp. 54

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /