I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

嘘の手がかり

 相手の嘘を疑う場合については,これも先に述べたことだが,嘘を見破る手がかりというのは当てにならないことには注意すべきである。たとえば「話し手が視線を避ける」ことは手がかりにはなりにくい。このため,実際は話し手は正直に話しているのに聞き手の側は嘘を言っていると思い込んでしまうことが結構起こりうる。そもそも聞き手が話し手を疑っているとき,また話し手が聞き手に疑われていると感じているときは,とくにそうした間違いは生じやすいだろう。これは,話し手にとっても聞き手にとっても不幸なことに違いない。
岡本真一郎 (2016). 悪意の心理学 中央公論新社 pp. 207

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /