I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

典型的行動パターン

 ほとんどの人々にとって,典型的な行動パターンとは,仕事がある日になる。つまり同じ道を通って仕事に行き,帰ってくるという生活が繰り返されるわけだ。その次に頻出するパターンは,ウィークエンドや休日である。休日には睡眠を取ったり,夜中に家庭や職場以外の場所で過ごしたりする。驚くべきことに,自由時間においても,私たちがいく場所やすることは,ほとんど同じで,その点においては仕事のある日と変わらないのだ。しかし第3のパターンは,まったく違ったものになる。ショッピングや遠出など,探求に使われる日だ。第3のパターンの特徴は,明確な構造が存在しないという点である。これら3つのパターンで,私たちの行動の90パーセント以上が構成されている。
アレックス・ペントランド 小林啓倫(訳) (2015). ソーシャル物理学:「良いアイデアはいかに広がるか」の新しい科学 草思社 pp. 173

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /