I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

単純なルール

 一見すると,ボイドのように生物に似せたふるまいを再現するには,非常に入り組んだ精巧なプログラムが必要なように見える。だが,実際のプログラムはとても短いもので,個々のボイドは次の3つの単純な規則に従っているにすぎない。
・他の固体に衝突するのを避ける。
・近隣の個体群が向かっている方向を平均し,その方向へ向かって動く。
・近隣の個体群の位置を平均し,その方向へ向かって動く。
 この規則を簡潔にまとめると次のようになる。
・回避(分離)
・整列
・引き寄せ(結合)
 次に空港や駅やサッカー場などに行くことがあったら,少し時間をとって周囲の人々が歩いているところを観察してみてほしい。たいていの場合,ほとんどの人がこの三つの規則に従っていることがわかるだろう。
レン・フィッシャー 松浦俊輔(訳) (2012). 群れはなぜ同じ方向を目指すのか? 白揚社 pp. 44-45

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /