I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   
カテゴリー「社会一般」の記事一覧

インタラクティブでなければならない

 コンピューターに限ったわけではない。すべてのデバイスでインタラクションが必要だ。もしインタラクションしていないものがあれば,それは壊れていると見なされるだろう。ここ数年にわたって,私はデジタル時代に子どもが成長するとはどういうことかについて,いろいろな話を集めてきた。たとえば,私の友人の一人に5歳にもならない女の子がいた。最近の多くの家庭がそうであるように,テレビはなく,コンピューターのスクリーンしかなかった。あるとき誰かの家に行って,そこにあったテレビに彼女は興味を持った。その大きなスクリーンに近づいて,周囲を探索し,下側や背面まで見て回った。「マウスはどこに付いているの?」と尋ねた。それとインタラクションをする方法があるはずだ,というわけだ。もう一人の知り合いの息子は,2歳からコンピューターを使い始めた。ある日,母親と一緒に食料品店に行ったとき,母親が商品ラベルの表示を解読しようとじっとしているのを見て,息子は「クリックすればいいじゃない」と言った。シリアルの箱だってもちろんインタラクティブでなくてはならないのだ!別の若い友人はテーマパークで働いていた。ある日,その友人の写真を撮った小さな女の子が,その後でこう言った。「でもこれは本当のカメラじゃないのよ。後ろに写真が映らないもん」。またある友人の子どもはよちよち歩きで言葉も喋れない頃から父親のアイパッドを横取りして使いだした。彼女はまだ歩きだす前から,絵を描いたり複雑なアプリを簡単に使いこなしたりするようになった。ある日,父親が高解像度の画像を写真用の紙に印刷して,コーヒーテーブルの上に置いた。するとよちよち歩きのそれに近付いて,指を置くと拡げてその写真を大きくしようとしているのに彼は気づいた。彼女はその動作を何回か繰り返して上手くいかないと,困ったような顔をして,「パパ,こわれてるよ」と言った。そう,インタラクティブでないものは故障しているのだ。



ケヴィン・ケリー 服部 桂(訳) (2016). <インターネット>の次に来るもの:未来を決める12の法則 NHK出版 pp.295-296


無限の選択肢

 音楽で起こったことは,デジタル化できるものならすべてに起こる。われわれが生きているうちに,すべての本,すべてのゲーム,すべての映画,すべての印刷された文書は,同一のスクリーンや同一のクラウドを通して365日いつでも利用できるようになるだろう。そして毎日のようにこのライブラリーは膨張している。われわれが対峙する可能性の数は,人口の増加とともに増大し,続いてテクノロジーが創造性を容易にしたことでさらに拡大してきた。現在の世界の人口は私が生まれたとき(1952年)と比べて3倍になっている。これから10年のうちにまた10億人が増えるだろう。私より蹟に生まれた50億から60億人は,現代の発展によって余剰や余暇を手にして解放されたことで,新しいアイデアや芸術やプロダクトを創造してきた。いまなら簡単な映像を作るのは,10年前と比べて10倍簡単になっている。100年前と比べたら,小さな機械部品で何かを作ることは100倍は簡単だ。1000年前と比べて,本を書いて出版することは,1000倍簡単になっている。


 その結果,無限の選択肢が生まれている。どんな分野でも,数え切れないほどの選択肢が山積みになっている。馬車用の鞭を作るといった仕事が廃れる一方で,選択できる職業は拡大の一途をたどっている。休みに旅行に行ける場所,食事に行く場所,食べ物の種類ですら毎年のように積み上がっていく。投資機会も爆発的に増えている。進むべき方向,勉強できる分野,自分を楽しませる方法がものすごい勢いで拡大していく。そうした選択肢を一つひとつ試していたら,一生あっても時間が足りない。過去24時間に発明されたものや作られたものを全部チェックするだけで1年はかかってしまう。



ケヴィン・ケリー 服部 桂(訳) (2016). <インターネット>の次に来るもの:未来を決める12の法則 NHK出版 pp.220-221


強化される私

 私はもう,個々のURLや難しい言葉のスペルさえ覚えることはなく,答えの詰まったクラウドにグーグルで検索をかけることにしている。自分の過去のメール(クラウドに蓄積されている)を検索して自分がなにを言ったかを(たまに)調べたり,自分の記憶をクラウドに頼るとき,私の中の自分はどこまでで,どこからがクラウドになっているのだろう?私の人生のすべての画像,私の興味のすべての断片,私の書いたすべての文章,友人とのおしゃべりのすべて,自分で選んだもののすべて,勧めたもののすべて,考えたことのすべて,望んだことのすべて,それらすべてがもしどこかにあって特定の場所にないとしたら,自分というものの捉え方が変わるだろう。以前より大きくなり,また薄くもなる。より速くなるが,浅くもなる。クラウドのように思考して境界をどんどんなくし,変化や多くの矛盾に対してオープンになる。つまり私自身が多数性なのだ!すべてが混ぜ合わさり,さらにマシンの知性やAIで強化されていく。私は「私以上」になるばかりか,「われわれ以上」になっていく。



ケヴィン・ケリー 服部 桂(訳) (2016). <インターネット>の次に来るもの:未来を決める12の法則 NHK出版 pp.169


非物質化の加速

 デジタルテクノロジーは,製品からサービスへの移行を促すことで非物質化を加速する。サービスはそもそも流動的なので,物質に縛られる必要がないのだ。しかし非物質化はただのデジタル商品を指しているのではない。たとえばソーダ缶のような堅い物理的な製品が,より少ない材料を使うほど便利になるのは,その重いアトムが重さのないビットで置き換えられているからだ。手に触れられるものが,手に触れられないものへ置き換わっていく――より良いデザイン,革新的なプロセス,スマートなチップ,オンライン接続といった手に触れられないものが,以前はアルミが行なっていたこと以上のことを代行していく。知能といったソフトがアルミ缶のような固い物の中に組みこまれ,固い物がソフトのように動くようになる。ビットが吹き込まれた物質的な商品が,まるで手に触れられないサービスのように振る舞いだす。名詞は動詞へと変容する。シリコンバレーではこれを,「ソフトウェアがすべてを食べつくす」という言い方をする。



ケヴィン・ケリー 服部 桂(訳) (2016). <インターネット>の次に来るもの:未来を決める12の法則 NHK出版 pp.148-149


同じパターンの繰り返し

 これからの将来,ロボットとの関係はいままでになく複雑化するだろう。だが,そこで繰り返されるはずのあるパターンはすでに現れている。今の仕事や給与と関係なく,あなたは否定に否定を重ねていくという予想可能なサイクルを経て進歩していくのだ。ここに「ロボットに代替されるまでの七つの段階」を挙げておく。



 1.ロボットやコンピューターに僕の仕事などできはしない。


  ↓


 2.OK,かなりいろいろとできるようだけど,僕ならなんでもこなせる。


  ↓


 3.OK,僕にできることはなんでもできるようだけど,故障したら僕が必要だし,しょっちゅうそうなる。


  ↓


 4.OK,お決まりの仕事はミスなくやっているが,新しい仕事は教えてやらなきゃいけない。


  ↓


 5.OKわかった。僕の退屈な仕事は全部やってくれ。そもそも最初から,人間がやるべき仕事じゃなかったんだ。


  ↓


 6.すごいな,以前の仕事はロボットがやっているけれど,僕の新しい仕事はもっと面白いし給料もいい!


  ↓


 7.僕の今の仕事はロボットもコンピューターもできないなんて,すごくうれしい。



 [以上を繰り返す]



 これはマシンとの競争ではない。もし競争したらわれわれは負けてしまう。これはマシンと共同して行なう競争なのだ。あなたの将来の給料は,ロボットといかに協調して働けるかにかかっている。あなたの同僚の9割方は,見えないマシンとなるだろう。それら抜きでは,あなたはほとんど何もできなくなるだろう。そして,あなたが行なうこととマシンが行なうことの境界線がぼやけてくる。あなたはもはや,少なくとも最初のうちは,それを仕事だとは思えないかもしれない。なぜなら退屈で面倒な仕事は管理者がロボットに割り振ってしまうからだ。



ケヴィン・ケリー 服部 桂(訳) (2016). <インターネット>の次に来るもの:未来を決める12の法則 NHK出版 pp.79-81


世界の構築

 われわれはウェブがどうなるかを想像できなかったのと同様,今日の姿もきちんと把握してはいない。そこに花開いた奇跡についてすでに忘れている。生まれてから20年経ったウェブの規模は想像を絶する。ウェブのページの総数は,一時的に作られたものも含めて60兆を超える。これは今生きている人ひとりにつき約1万ページ分の量だ。そしてこの肥沃な世界全体は,創造されてからまだ8000日も経っていない。



ケヴィン・ケリー 服部 桂(訳) (2016). <インターネット>の次に来るもの:未来を決める12の法則 NHK出版 pp.30-31


異を唱える意見

 どんなに将来を有望視される新しい発明にも異を唱える人はいるし,期待が大きければ大きいほど反対の声も大きくなる。インターネットやウェブが誕生したばかりの頃に,頭脳明晰な人たちが愚かなことを言った例を探すのは難しくない。1994年の暮れにはタイム誌が,インターネットはなぜ主流になれないかを説明する記事を掲載した。「それは商売をするためにデザインされたものではなく,新参者を素直に受け入れてはくれない」。なんということだ!ニューズウィーク誌は1995年2月号の見出しで,そうした疑念をもっとあからさまに謳っている。「インターネット?なんだそれ!」。この記事では,天文物理学者でネットワーク専門家のクリフ・ストールが,オンラインのショッピングやコミュニティーというのは常識に反する非現実的な妄想だと述べている。「本当のところ,オンラインのデータベースがあなたの新聞になり代わるなんてことはない」と彼は主張した。「しかしMITメディアラボの所長ニコラス・ネグロポンテは,われわれはすぐにでも本やインターネットで購入するようになると予想している。本当に?」。ストールは「インタラクティブな図書館,バーチャル・コミュニティー,電子コマース」といった言葉に満ち溢れたデジタル世界に対する懐疑が広がりつつあることを踏まえ,それらを「タワゴト」の一言で片付けたのだ。



ケヴィン・ケリー 服部 桂(訳) (2016). <インターネット>の次に来るもの:未来を決める12の法則 NHK出版 pp.24-25


永遠の初心者

 それは繰り返し起こる。未来にわたってずっと,誰もが新しいものに追いつこうとする永遠の初心者になる。第一にそれは,これから30年後の未来の生活を支配する重要なテクノロジーのほとんどがまだ発明されていないので,自ずと誰もが初心者になるからだ。二つ目に,新しいテクノロジーは際限なくアップグレードを要求するので,あなたはずっと初心者のままだ。そして三つ目に,陳腐化のサイクルがどんどん早くなり(電話アプリの平均寿命はたったの30日だ!)別のものに取って代わられるまでにそれを修得するだけの時間はなくなり,あなたは永遠に初心者のままとなる。年齢や経験と無関係に,永遠の初心者こそが,誰にとってもデフォルトになる。

ケヴィン・ケリー 服部 桂(訳) (2016). <インターネット>の次に来るもの:未来を決める12の法則 NHK出版 pp.18

追い込まれた時

 平時ならば,頼まれてもいないことをするのは差し出がましいのではないか?押し付けがましいのではないか?という気持ちが先に立つものと思う。だが本当に追い込まれた人間は,助けての声が出なくなる。そして,「してほしいことある?」と聞かずに一方的にやってくれることが,ようやく助けての声を絞り出すためのプロセスになる。


 何より,暖かくありがたいのだ。



鈴木大介 (2016). 脳が壊れた 新潮社 pp.221


音響ミラー

 イングランドの海岸周辺には,かなり遠くの音が探知できるように設計された音響ミラーが残存している。コンクリートでできた醜悪で巨大な椀型の装置が海に面して設置されていて,多くは直径が4~5メートルある。20世紀初頭に敵の飛行機に対する早期警報システムとして建造された。ほとんどが椀型だが,ケント州のデンジには壁型のものがあり,変色したコンクリートが大きな弧を描いている。これは高さが5メートル,横幅が60メートルで,2階建てバス5台を縦に並べたのと同じくらいだ。接近してくる飛行機のエンジン音が増幅できるように,水平方向と垂直方向に湾曲している。


 軍が実験したところ,この巨大な帯状の装置は32キロ離れたところにいる飛行機を探知することができた。これは敵機が英仏海峡を3分の1ほど渡り終えたあたりだ。しかし気象条件が悪いと敵機が10キロ以内に接近するまで探知できない場合もあり,エンジン音がもっと静かな飛行機については聴取するのに苦労した。条件のよい日でも,ほんの10分ほど早く警報が出せるだけだった。1937年に実用的なレーダーシステムが開発されると,各地に音響ミラーを設置して広い範囲を網羅しようという計画は中止された。



トレヴァー・コックス 田沢恭子(訳) (2016). 世界の不思議な音 白揚社 pp.168


蛍光灯の光

 それよりもはるかに不思議に思われるのは,日本人もまた,蛍光灯の青白い光を我慢していることだ。私は頻繁に東京を訪れているが,招待された個人の住宅でも,たいていの場合,天井灯には大量生産の蛍光灯が使われている。あるとき,立派な日本料理店で食事をする機会があった。私の舌には,今もその味の記憶が刻まれている。そして目もまた,忘れていない……。店の青白い光が,10年前に利用した街のコインランドリーを思い出させたからだ。日本の友人たちに心からの敬意を表しながらも,西洋人的な私の好みから言わせていただくと,東京で最も素晴らしいと感じる光は,国際的な高級ホテルの中である。



ジャン=ガブリエル・コース 吉田良子(訳) (2016). 色の力:消費行動から性的欲求まで,人を動かす色の使い方 CCCメディアハウス pp.155


粗野で美意識に反する行為

 つまり,1960年代前半の英国は階級意識が非常に強くて,はっきり口に出されることは少なかったが,ありとあらゆる面にそれが影を落としていた(10年後に《モンティ・パイソン》を作ったときには,こんな階級制度はすたれていくいっぽうで,いずれ消えてなくなると私たちは思い込んでいた。だが実際には,いまも根強く残っていて消える気配もない。このことからわかるように,当時の私たちはなにもわかっていなかったのだ)。金銭を例にとってみよう。60年代には,金銭は……まあその,下品なものだった。少なくともその話をするのは下品なことで,人目もはばからず大金を手に入れようとするのは,粗野で美意識に反する行為だった。友人のトニー・ジェイの簡潔な言葉を借りれば,「金を持っていることは下品ではない。下品なのは,いま金を手に入れつつあることなのだ」



ジョン・クリーズ 安原和見(訳) (2016). モンティ・パイソンができるまで―ジョン・クリーズ自伝― 早川書房 pp.199


たわごと

 神経・精神科医のモーリス・ニコルは,あるとき聖書の文章について校長先生に質問したことがあるそうだが,先生の答えをしばらく聞いているうちに,この人は自分でも何を言っているかわかっていないのだと気がついたという。たった10歳でそこに気がつくとは,ニコルはすごいと思う。私はといえば,それがやっと腑に落ちるまでさらに45年かかった。この世には,自分がなにを言っているかわかっている人などほとんどいないのだ。セント・ピーターズの教師の誰かひとりでも,1949年に「これは忘れないようにしなさい。人の言うことの90パーセントは完全なたわごとなんだよ」と教えてくれていたら。そうしたら,私の知的進歩はどれだけ速まったかと思わずにはいられない。



ジョン・クリーズ 安原和見(訳) (2016). モンティ・パイソンができるまで―ジョン・クリーズ自伝― 早川書房 pp.89-90


信用できない社会

 一連の実験を通して,コスミデスとギーゲレンツァーは,人々がパズルを単なる論理の問題として扱っているのではないことを証明した。人々は,それを社会契約であるとみなし,裏切り者を探しているのである。人間の心理はあまり論理に向いているようではないと,二人は結論した。しかし,社会的取引の公正さと,社会的提案の誠実さを判断するにはよく適している。この世は,信用できないマキャベリ的社会なのだ。



マット・リドレー 長谷川眞理子(訳) (2014). 赤の女王:性とヒトの進化 早川書房 pp.526


進化的見方と差別

 奇妙なことに,人類平等主義の哲学よりも,進化的な見方のほうが,差別撤廃を正当化するものである。女性は異なる能力というよりはむしろ,異なる野心をもっていると考えられるからである。男性の繁殖成功度は,幾世代にもわたって政治的な序列をのぼることに依存していた。女性がその種の成功を求める動機はほとんどなかった。女性の繁殖成功度は他の要因に依存していたからである。それゆえ進化的な見方をすると,女性はめったに政治階段を登ろうとはしないだろうと予測できる。しかし,女性が参加したらどれほどうまくやるかについては何も言っていない。トップにのぼりつめた女性の数が(多くの国で女性首相がいる),トップより下のランクに位置する女性の数と不釣り合いなのは,偶然ではないと私は考えている。イギリスでは女王の統治によって,王の統治でよりも卓越し堅実な歴史が作り出されていることも偶然ではあるまい。これらの証拠は,女性が平均すると男性よりも国を治める能力にわずかに優れていることを示している。また女性は,直観力,性格判断,自己崇拝の欠如といった女性的な特徴をこれらの仕事に持ち込んでいるという,フェミニストの主張を支持するものでもある。男性には羨むしかない特徴である。企業にしろ,福祉団体にしろ,政府にしろ,あらゆる組織が崩壊する元凶は,それらが,能力よりも狡猾な野心に報いるからである(巧みにトップにのぼる人間は必ずしもその仕事がいちばんできる人間とはかぎらない)。そしてそうした野心は女性よりも男性につきものなので,女性を重視して昇進を案配するのは,きわめて好ましいのである。偏見を是正するためではなく,人間の本性を正すために。



マット・リドレー 長谷川眞理子(訳) (2014). 赤の女王:性とヒトの進化 早川書房 pp.418-419


走っても同じ地点

 赤の女王仮説は,世界をあくまで競争的とみている。世界は絶えず変化し続けている。しかしたった今,種は何世代も静止状態にあり,変化しないと言ったばかりではなかったか?そのとおり。赤の女王が言っているのは,いくら走ろうと,同じ地点にとどまっているということだ。世界は始まったところにつねに戻ってくるので,変化はあるが,それは進歩ではない。



マット・リドレー 長谷川眞理子(訳) (2014). 赤の女王:性とヒトの進化 早川書房 pp.111


例外の国

 おおかたの経済学者は現在,人口の爆発よりもその崩壊の影響を心配している。出生率が非常に低い国では,労働力が急速に高齢化している。つまり,現役世代がどんどん減っていて,その貯蓄と税金を食う高齢者がどんどん増えているということだ。経済学者が懸念するのも無理はない。ただし,この世の終わりのように考えるのはまちがいだろう。何しろ,今日の70代は工作機械操作の仕事を続けろと言われたらあまりうれしくないだろうが,今日の40代が70代になったときには喜んでコンピューター操作の仕事を続けるに違いない。そしてここでも,合理的な楽観主義がある程度の安心をもたらす。最新の研究により,世界屈指の裕福な国々では繁栄が一定レベルに達すると出生率がわずかに上がるという,第二の人口転換が明らかになっている。たとえば,アメリカ合衆国の出生率は1976年ころに女性一人につき1.74人で底をうち,そのあと2.05人まで上がった。人間開発指数[訳注 国民の生活の質や発展の度合いを示す指標]が0.94を超える24カ国のうち18カ国で,出生率は上昇している。説明のつかない例外は日本や韓国などで,まだ下がり続けている。この新しい研究の共著者であるペンシルヴェニア大学のハンス・ピーター・コーラーは,このような国々は豊かになる過程で,女性がワークライフ・バランスを実現できる状況を整えられていないのだと考えている。



マット・リドレー 大田直子・鍛原多惠子・柴田裕之(訳) (2013). 繁栄:明日を切り拓くための人類10万年史 早川書房 pp.326-327


世界中で出生率は低下

 しかしこの三カ国だけではない。出生率は世界中で低下している。1960年より出生率が上がっている国は皆無で,発展途上国全体で出生率はおよそ半分になっている。国連は2002年まで,将来の世界の人口密度を推定するにあたって,ほとんどの国の出生率は女性一人につき子ども2.1人を下回ることはないと仮定していた。これは「人口置換水準」,つまり1人の女性が自分と夫の代わりになる赤ん坊を産むとしたうえで,小児期の死亡やわずかに男性が多い性比を補うために0.1人を加えた数値だ。しかし産まれる赤ん坊がひたすら減り,2.1人よりもさらに減り続ける国がどんどん増えていることが明らかになったため,2002年,国連はこの前提を変更した。どちらかと言えば,核家族化の影響が相まって,出生率減少は加速している。今や世界の半分は出生率が2.1人より低い。スリランカの出生率は1.9人で,すでに置換水準を十分下回っている。ロシアの人口も急激に減少していて,2050年にはピークだった1990年代前半の3分の1以下になるだろう。



マット・リドレー 大田直子・鍛原多惠子・柴田裕之(訳) (2013). 繁栄:明日を切り拓くための人類10万年史 早川書房 pp.317


自由や幸福は繁栄や交易とともにある

 過去二世紀にから得られる教訓は,自由や幸福は,繁栄や交易と手に手を組んで進むものだということだ。今日,軍事クーデターによって自由を失い,独裁者の支配下に入る国はたいてい,その時点で,平均すると年率1.4パーセントの割合で一人あたりの所得の下落を経験している。二つの世界大戦のあいだにソビエト連邦とドイツと日本が独裁国家になったときにも,一人あたりの所得の下落がその一因だったのによく似ている。歴史の大きな謎の一つは,なぜ1930年代のアメリカではそうならなかったかだ。アメリカでは1930年代の深刻な経済的ショックのあいだも,全体とすれば社会的な多元性や寛容さが失われなかったばかりか勢いを得たほどだ。いや,アメリカも危ないところまで行ったのかもしれない。カフリン神父はそちらの方向にアメリカを導こうとしたし,もしルーズヴェルトがもっと野心的だったり,憲法がもっと脆弱だったりしたら,ニューディール政策がどこに行き着いたか知れたものではない。民主主義がしっかり根づいている国もあり,そういう国では民主的な価値観が生き延びられたのかもしれない。今日,民主主義が成長に必要かどうかが盛んに議論されている。中国は,それが不要であることを実証しているようにみえる。だが,成長率がゼロになれば,中国でさらなる革命あるいは弾圧が起きるだろうことに疑問の余地はない。



マット・リドレー 大田直子・鍛原多惠子・柴田裕之(訳) (2013). 繁栄:明日を切り拓くための人類10万年史 早川書房 pp.179-180


貧しいとはどういうことか

 つまり,貧しいとはこういうことだ。自分の必要とするサービスを買えるだけの値段で自分の時間を売れなければ貧しく,必要とするサービスだけでなく望むサービスまで手に入れる余裕があれば豊かだと言える。これまでずっと,繁栄や成長は,自給自足から相互依存への移行と同義だった。それは家族を,骨が折れて時間がかかる多様な生産の単位から,専門化した生産の爆発的増加によってまかなわれる楽で速くて多様な消費の単位へと変えることなのだ。



マット・リドレー 大田直子・鍛原多惠子・柴田裕之(訳) (2013). 繁栄:明日を切り拓くための人類10万年史 早川書房 pp.78


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /