I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   
カテゴリー「生物学」の記事一覧

致死度

 科学的に言えば,「致死度」を測るさまざまな方法がある。もっともよく使われるのは,半数致死量で,LD50と呼ばれる数値だ。LD50は,投与された動物(ラットとマウスがもっとも多いが,さまざまなタイプの毒液を検査するため,ゴキブリからサルまでなんでも使われる)の半数が死ぬ毒素の用量のことである。基本的には,体重1キログラム当たりのミリグラム単位の毒素,すなわちmg/kgで表される。LD50の値は,おおざっぱな効力の見積もりであり,低い値をもつ物質は,微量でも対象を殺せる可能性が高いということなので,きわめて毒性が強いとみなされる。
 たとえば,水のLD50は9万(mg/kg)以上であり,これはふつう無害とみなされるが,一気に6リットル以上も飲んでしまえば,死ぬ可能性もある(それを試すのはおすすめしない)。
 一方,ボツリヌス毒素のLD50は1キログラム当たり1ナノグラムと算定されており,知られているかぎりもっとも致死的な物質の1つである。60ナノグラム,すなわち100億分の6グラムで,平均的な人間を十分に殺すことができるのだ。もし,均等に分けることができるとすれば,一握りもあれば十分に,地球上の全人類を殺すことができる。
クリスティー・ウィルコックス 垂水雄二(訳) (2017). 毒々生物の奇妙な進化 文藝春秋 pp. 41-42

カモノハシの毒

 カモノハシは本当に,強烈に恐ろしい毒液動物だ。私の聞いたところでは,深いトラウマを残すような出来事と同じように,カモノハシに刺されるのもまた,人生を変えるような体験であるらしい。カモノハシの毒液は,数時間,ときには数日間にわたって耐えがたい痛みを引き起こす。記録されている症例の一つでは,狩りをしていた57歳の退役軍人が,怪我をしていたか,あるいは病気になっていたカモノハシに躓いた。彼は,その小さな生き物を心配し,持ち上げたところ,右手を刺されてしまった。親切が仇となり,彼は激痛のなかで6日間も入院しなければならなくなった。
 彼の治療に当たった医師たちは,最初の30分間に,合計30ミリグラムのモルヒネを投与したが,ほとんど効果がなかった(ふつうの痛み止めに用いられる量は,1時間当たり1ミリグラムだ)。彼によれば,その痛みは,軍人の時に散弾で負傷したときよりもはるかに激烈なものだったという。医師たちが神経ブロック剤で,手のすべての感覚を麻痺させてはじめて,彼は救われたと感じることができた。
クリスティー・ウィルコックス 垂水雄二(訳) (2017). 毒々生物の奇妙な進化 文藝春秋 pp. 18

有毒とは

 ある種が「毒液をもつ」と言うためには,いくつかの条件を満たす必要がある。これまで,「毒液をもつ(venomous)」,「毒がある(toxic)」,「有毒な(poisonous)」は,それぞれ互いに入れ替えても同じ意味で使えると考えられてきたが,現代の科学者たちは区別して使っている。
 まず,「毒がある(toxic)」という言葉は,少量で相当な危害を与えられるような物質(毒素)をもつことを指す。毒液動物(venomous)と有毒動物(poisonous)はどちらも,これに当てはまる。その体組織の中で毒素をつくったり,貯えたりしているからである。
クリスティー・ウィルコックス 垂水雄二(訳) (2017). 毒々生物の奇妙な進化 文藝春秋 pp. 16

拡散能力

 ホモ・サピエンスは,かつての人類が到達できなかったありとあらゆる場所へあっというまに広がった。ユーラシア大陸を東端まで歩き通すのは,原人も,おそらく旧人も果たしたことだが,ホモ・サピエンスはそこから先が違った。航海術を得た集団は,インドネシアの島々や,ニューギニアやオーストラリアに至った。寒い地域でも生き延びられる技術を得た集団は,シベリア奥部にも進出して,やがてベーリング海の陸橋を渡り,アメリカ大陸へ拡散した。
 ホモ・サピエンスの均質さは,地球を股にかけることができる能力の裏返しだ。長い時間をかけて身体を大幅に変えるのではなく,洗練された石器を使い,海洋には船を,寒冷地には毛皮の服をといったふうに,時と場合によって適した技術を創造しては乗り越えていった。
川端裕人(著) 海部陽介(監修) (2017). 我々はなぜ我々だけなのか:アジアから消えた多様な「人類」たち 講談社 pp. 257

位置を奪う

 移入種が在来種を駆逐するとき,直接バトルするというよりは,生態系の中での位置(ニッチ)を奪うかたちで入れ替わる。


 ただ,人間(ホモ・サピエンス)は歴史に残っているかぎり,たくさん戦争をしてきたので,そのイメージをさらに過去に投影すると「戦って絶滅させた」と思いがちなのかもしれない。また,先史時代に絶滅したマンモスなどの大型哺乳類が,人間に狩りつくされたというイメージも大きいだろう。なにか,「血塗られた祖先像」みたいなものが流布しやすい傾向があるように思う。結局,直接証拠もないまま,そんなに血なまぐさいことを現段階で考える必要はないのかもしれない。



川端裕人(著) 海部陽介(監修) (2017). 我々はなぜ我々だけなのか:アジアから消えた多様な「人類」たち 講談社 pp. 251-252


進化

 これらのうち脳の増大や,額が幅広くなることは,現代人と共通する進化の方向性だ。つまりホモ属の人類が共通して進んできた道を,部分的ながら,やはりジャワ原人もたどっていたことがはっきりした。ほかにも見どころはいろいろあるのだけれど,とりあえず,人類進化における最大の関心事,脳容量や咀嚼器官が,鮮やかに「進化」していたというのは象徴的だ。



川端裕人(著) 海部陽介(監修) (2017). 我々はなぜ我々だけなのか:アジアから消えた多様な「人類」たち 講談社 pp. 124


ホミニド・ホミニン・ホモ

 まず大きな括りとして,ホミニド(hominid)がある。今の定義では,ここには大型類人猿(現在のものはチンパンジー,ボノボ,ゴリラ,オランウータン)やすべての人類が含まれる。大型類人猿と人類の共通祖先から進化したすべての子孫がホミニドだ。


 そして,ホミニン(hominin)。ホミニドよりも範囲が狭く,日本でいわれる「初期の猿人」「猿人」「原人」「旧人」「新人」を含めた「広義のぼくたち」みたいな括りになる。つまり,「初期の猿人」以降のすべての人類を指す。「700万年の人類の歴史」は,ホミニンの歴史だ。


 そのあとの「原人」「旧人」「新人」は,すべてホモ属(Homo)の一言に集約することができるから,一見,シンプルだ。最初期の原人であるホモ・ハビリス以降,そこから分岐した人類はすべてホモ属(Homo)だ。



川端裕人(著) 海部陽介(監修) (2017). 我々はなぜ我々だけなのか:アジアから消えた多様な「人類」たち 講談社 pp. 45-47


海外の名称

 ここまで,人類進化を,「初期の猿人」「猿人」「原人」「旧人」「新人」という5段階の呼び名を使って説明してきた。けれど,今の国際的な人類学では,猿人や,原人といった日本語に相当する言葉は使われない。むしろ,種,属,といった単位,あるいは系統関係を直接,参照するのが普通になっているのだ。



川端裕人(著) 海部陽介(監修) (2017). 我々はなぜ我々だけなのか:アジアから消えた多様な「人類」たち 講談社 pp. 44


アフリカ起源

 「今の説では,世界中のすべての現代人は,30~10万年前のアフリカに起源があるということになります。現代人の共通祖先です。形態学的な研究や,遺伝人類学的な研究を中心に,ほかのさまざまな証拠が積み重なって,この見解が支持されています。アフリカの旧人から進化して,その後しばらくしてからアフリカを出て全世界に散らばっていって,各地の現代人集団が成立したわけです」


 これをホモ・サピエンスの「アフリカ単一起源説」という。



川端裕人(著) 海部陽介(監修) (2017). 我々はなぜ我々だけなのか:アジアから消えた多様な「人類」たち 講談社 pp. 37


猿人・原人・旧人・新人

 猿人は,アフリカに留まった。それもアフリカの東側が中心だ。


 原人は,アフリカのほぼ全域に広がるとともに,出アフリカを果たした。当時,まさに「人類未踏」の地だったユーラシア大陸を歩き,遠くアジアまでやってきたパイオニアだ。ただし,分布はユーラシア大陸の南半分に限られていた。そのなかでほぼ最北端にあたるのが,北京原人の居住地だ。


 旧人は,ヨーロッパやアジアでの分布を,原人のときよりもいくらか北側に広げた。しかし,寒冷なシベリアの中心部にまでは踏み込めなかったようだ。


 そして,いよいよ新人(ホモ・サピエンス)がアフリカを出ると,シベリアを含むユーラシア大陸の全土に広がる。さらに南北アメリカ大陸,太平洋の島々にまで進出していくさまは,地図の上で見るだけでもダイナミックで,壮大なドラマを感じさせる。



川端裕人(著) 海部陽介(監修) (2017). 我々はなぜ我々だけなのか:アジアから消えた多様な「人類」たち 講談社 pp. 40-41


出アフリカ

 最初の原人,ホモ・ハビリスがアフリカにとどまっていたのに対して,ユーラシア大陸に飛び出した,つまり出アフリカを果たした原人がいる。


 ホモ・エレクトスだ。


 アフリカで化石が確認されているだけでなく,遠くユーラシア大陸を旅して,東アジアの北京原人や,東南アジア島嶼部のジャワ原人に至るまで,広域に分布した。百数十万年にわたって存続した息の長い人類でもある。



川端裕人(著) 海部陽介(監修) (2017). 我々はなぜ我々だけなのか:アジアから消えた多様な「人類」たち 講談社 pp. 32


多様さ

 これは,現生人類の中での多様性,たとえば,アジア人だとか,ヨーロッパ人だとか,アフリカ人だとかいうのとは次元が違っている。今生きているぼくたちは,DNAの上ではかなり均質で,生物学的には一つの種だ。しかし,少し前の地球では,複数の別種の人類が共存していて,むしろ,それが当たり前だった。多様な人類,と言うとき,現在からイメージするのとは桁違いの目もくらむような「多様さ」だったと思われるのである。



川端裕人(著) 海部陽介(監修) (2017). 我々はなぜ我々だけなのか:アジアから消えた多様な「人類」たち 講談社 pp. 18-19


多様さ

 これは,現生人類の中での多様性,たとえば,アジア人だとか,ヨーロッパ人だとか,アフリカ人だとかいうのとは次元が違っている。今生きているぼくたちは,DNAの上ではかなり均質で,生物学的には一つの種だ。しかし,少し前の地球では,複数の別種の人類が共存していて,むしろ,それが当たり前だった。多様な人類,と言うとき,現在からイメージするのとは桁違いの目もくらむような「多様さ」だったと思われるのである。



川端裕人(著) 海部陽介(監修) (2017). 我々はなぜ我々だけなのか:アジアから消えた多様な「人類」たち 講談社 pp. 18-19


目的の変更

 私たちは,現代の発明を習得することができ,実際に習得している。ユークリッドの証明も,複雑極まりない金融商品も,弦楽器の弾き方も習得できる。だからといって,狩猟採集をしていた先祖が持ちあわせていた才能が,いまの私たちに無関係だということにも,時代遅れだということにもならない。それどころか,ねぐらに戻る道を見つけるときに活躍したのと同じニューロンのネットワークが,勉強や運動の領域で役立つことに「目的を変えた」のではないかと多くの科学者が考えている。
ベネディクト・キャリー 花塚 恵(訳) (2015). 脳が認める勉強法:「学習の科学」が明かす驚きの真実! ダイヤモンド社 pp. 327

オーストラリアのウサギとキツネ

 結局,オーストラリアのアナウサギの個体数は,導入から1世紀足らずの1950年には,推定7億5000万頭にまで増加し,ヒツジ1億頭分の草を横取りして各地で作物に大きな被害を引き起こした。


 アナウサギ駆除のため,天敵のキツネがイギリスから運んで放された。しかし,すばしこいウサギよりも動きのにぶい有袋類の方を捕食するようになり,数種類の小型カンガルーが絶滅の危機に追いやられた。


 次に,ブラジルからウサギのウイルス性伝染病である粘液腫症(ミクソマトーシス)が導入された。この病気はわずか1年以内でオーストラリア全域に広がり,アナウサギの死亡率は99.8%にものぼった。


 ところが,ごく一部のウサギがこの病気の免疫を獲得し,この系統が生き残ってウサギの死亡率も7年後には25%以下に低下した。アナウサギの個体数はまたもや急速に復活し,長期間つづけられた撲滅運動も失敗に終わった。依然として牧場の敵ナンバーワンである。



石弘之・石紀美子 (2013). 鉄条網の歴史:自然・人間・戦争を変貌させた負の大発明 洋泉社 pp. 249-250


バイソン

 草食獣のバイソンは,放牧された牛の草を奪うという理由で牧場主から目の敵にされ,さらに牧場にするために鉄条網で囲われて生息地は狭められていった。他方,入植者や鉄道建設労働者の食用にするために殺された。


 東部ではバイソンの舌が珍味として高値で取り引きされたために,殺して舌だけをとって塩漬けにして大量に送られた。政府も官製ツアーを募り,「鉄道の窓からバイソンを撃ち放題」と宣伝した。先住民の生活基盤を奪うのが目的だった。1回のツアーで1000頭以上のバイソンが殺されることもあった。


 15世紀には3000万~6000万頭は生息していたと推測されるバイソンは,1889年にはわずか542頭と絶滅寸前にまで減っていた(現在は保護策が実って野生は約3万頭,食育用などに飼育されているのが約50万頭にまで回復した)。



石弘之・石紀美子 (2013). 鉄条網の歴史:自然・人間・戦争を変貌させた負の大発明 洋泉社 pp. 215-216


ベルリンの壁とウサギ

 西側世界が歓迎したベルリンの壁の崩壊で,最大の被害者はウサギだった。二つの壁に囲まれた無人地帯に,数千匹のウサギが棲みついた。彼らの記録映画『ベルリンのウサギたち』がドイツ・ポーランドの合作でつくられ,2010年のアカデミー賞の短編ドキュメンタリー賞にノミネートされて,すっかり有名になった。


 野生のアナウサギが入り込んできて,安全を保障された無人地帯で大増殖をとげた。壁の崩壊とともにウサギは棲みかを失ってちりぢりになった。追跡調査をしている研究者によると,現在は10の集団に分かれて各地の公園などに棲んでいるらしい。そのうちの9つまでが西側で,旧東側に棲むのは1集団だけという。ウサギもやはり西側が好きだったようだ。



石弘之・石紀美子 (2013). 鉄条網の歴史:自然・人間・戦争を変貌させた負の大発明 洋泉社 pp. 182


ばらつき

 例えば体重の遺伝率が80%だからといって,体重60kgの人の80%分の48kgまでが遺伝でできていて,残り12kgが環境でつくられたという意味ではありません。これは日本人の平均体重が60kgだからといって,日本人がみんな60kgだという意味ではないことと似ています。その集団にはいろんな体重の人がいて,その体重のばらつきの原因は,一人ひとり異なる遺伝要因のばらつきと,それぞれに異なる環境要因のばらつきが合わさったものです。そのとき体重のばらつき全体のどの程度の割合がそれぞれの要因によるばらつきで説明できるかをあらわしたのが,この数値なのです。


 それじゃあ,一人ひとりの遺伝と環境の状態については,何も考えていないのかと思われるでしょう。決してそうではありません。


 例えばあなたの体重が75kgだとしましょう。そしてあなたと同じ年齢と身長の平均体重は65kgだとします。平均より10kg重いわけです。ほかにもあなたと同じ条件で10kg重い人たちがたくさんいるとしましょう。その人たちがみんなあなたと同じ遺伝的素質と環境で育ったとは限りません。あなたは本来,ふつうに食べていれば遺伝的には70kgになる素質なのに,食べすぎがたたって5kgオーバーして75kgなのかもしれない。またある人は遺伝的素質は本来80kgになる人だけれど,ダイエットして75kgなのかもしれません。またもともと75kgの素質の人がふつうの食生活を送っているのでありのままに75kgかもしれません。


 このように同じ75kgの人の遺伝的資質と環境にはそれぞればらつきがあり,その総和としてそれぞれの人の体重があるわけです。そして実際は遺伝的素質も環境も,それぞれさまざまにばらついているので,表現型としての体重も人によってばらばらに違う。このときの遺伝のばらつきと環境のばらつきが,相対的にどの程度なのかを示したのが,ここで表した遺伝と環境の説明率なのです。



安藤寿康 (2016). 日本人の9割が知らない遺伝の真実 SBクリエイティブ pp.76-77


生物と人間社会

 残念ながら,動物たちは人間の出す騒音のせいで鳴き方を変えることを余儀なくされている。水中の哺乳類や魚も例外ではない。洋上に風力発電所を設置するのは環境にやさしい発電方法だろうか。海底にタービンを設置するための杭打ち作業で騒音に襲われるゼニガタアザラシの身になれば,おそらくそうは言えないだろう。スクロビー・サンズ洋上風力発電所の建設工事中,イングランドの海沿いの町グレート・ヤーマスに程近い岩の上で観察されるアザラシの数は減少した。くい打ち作業の騒音は1メートル離れたところでおよそ250デシベルと激しく,動物の聴覚系を物理的に損傷するおそれがある。



トレヴァー・コックス 田沢恭子(訳) (2016). 世界の不思議な音 白揚社 pp.116


日光の効果

 さらにもう一つ,日光には,近視になるのを防ぐ効能があるという。これは聞きのがせない情報だ。というのも,モグラ並みの視力に近づいている人間が多くなっているからである。世界じゅうで,近視の人口は増え続けている。中国では,伝染病かもしれないと言われるほどだ。なにしろ国民の80~90パーセントが,遠くのものがよく見えないと訴えている。これについて,中国とオーストラリアの大学教授グループが,「自然光に十分当たっていないせいではないだろうか?」という疑問を抱いた。


 そこで,広東にある小学校11校で,ある実験が行われた。毎朝の遊び時間を45分間延長したのだ。こうした方法で科学の発展に寄与できるとは,被験者となった子供たちもさぞかし喜んだことだろう。そして,結果は驚くべきものだった。雲のあるなしにかかわらず,毎日45分間多く自然光にあたることで,近視の進む確率が25パーセント減ったのだ。



ジャン=ガブリエル・コース 吉田良子(訳) (2016). 色の力:消費行動から性的欲求まで,人を動かす色の使い方 CCCメディアハウス pp.145-146


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /