I'm Standing on the Shoulders of Giants.

読んだ本から個人的に惹かれた部分を抜き出します。心理学およびその周辺領域を中心としています。 このBlogの主な目的は,自分の勉強と,出典情報付きの情報をネット上に残すことにあります。書誌情報が示されていますので,気になった一節が見つかったら,ぜひ出典元となった書籍をお読みください。

   

入試への知能検査の活用

 そのなかでも知能研究は,当時の医師や心理学者がビネやシモンらの開発したメンタルテストを日本に移入・翻訳して以降,研究あるいは学校や家庭での実施・導入をめぐって,様々な論争を呼んだ。彼らは,実年齢以上の発達課題をクリアしている子ども,すなわち<標準>以上に属する「早熟児」または「優秀児」と,他方で<標準>以下に分類される「低能児(ママ)」や「未熟児」の発生要因を様々な方法で考究した。それのみならず,彼らはそれぞれの子どもの学校教育現場での処遇についても積極的に発言し,時には大論争を引き起こしたこともあった。
 医学者,教育学者,心理学者たちは,市販の婦人雑誌やメンタルテスト問題集を通じて,家庭における子どもの知能の測定を奨励するだけではなかった。それとほぼ同時期の教育雑誌や育児書の一部には,師範学校附属小学校や私立小学校の入学選抜考査においてメンタルテストが導入されている現況とその重要性を伝達するようになる。
小針 誠 (2015). <お受験>の歴史学:選択される私立小学校 選抜される親と子 講談社 pp. 118

知能検査の普及

 その一方,大正末期から昭和初期以降,小学校の入学選抜考査に一つの転機が訪れる。心理学者らが,婦人向け雑誌などのメディアを通して,それまでは専ら学術研究の対象であったメンタルテスト(知能テスト)を家庭で行い,子どもの知能診断をするように積極的に呼びかけた。これは「知能による子ども理解」が大学など研究機関における科学研究の枠を大きく超えて,広く一般家庭にも流通し始める契機になった。
小針 誠 (2015). <お受験>の歴史学:選択される私立小学校 選抜される親と子 講談社 pp. 117

知能検査

 当時の成蹊小学校でも,子どもに対し,面接法によるメンタルテスト(知能テスト)を課していた。しかし,子どもの回答の出来/不出来による評価基準のみで合否を判定していたわけではなかった。
 慶應義塾幼稚舎と成蹊小学校の学校関係者がともに入学志願者である家族(特に母親)に要望するのは,子どもに対して余計な手をかけていない,つまり必要以上の入学準備教育を施していないということであった。それは「純粋無垢」な子どもを選抜しようとしているようにも見える。だが,それは「何も知らないこと」(無知)を意味するものではない。成蹊小学校の入学選抜考査では,1から100までの数や図形の名称あるいは時間の概念を問う問題が出題されている。これらは小学校の教育課程に含まれた内容である。入学選抜考査で出題される限り,小学校入学以前の入学考査の時点で,ある程度の理解が前提になっている。ここから,私立小学校は,希望する入学者としての子どもについて,入学準備で親の手のかかり過ぎていない「子どもらしさ」(純粋無垢さ)とともに,小学校入学後に習得する知識の有無までも問うという,相当に矛盾した姿勢で入学希望者を選抜していたことになる。
小針 誠 (2015). <お受験>の歴史学:選択される私立小学校 選抜される親と子 講談社 pp. 107-108

申込順

 私立小学校の中には,成蹊小学校のように,創立当初から厳密な入学選考を課した上で入学者を決定していく方法を採用していた学校もないわけではなかった。しかし,多くの小学校は入学希望者を先着順に受け付けて,入学定員に達したところで締め切るか,受付順に個別に面接や知能検査・身体検査を行った上で,順次入学者を決定していった。結果,入学を希望さえすれば,ほぼ全員に対して入学許可を出していた。1918(大正7)年当時の暁星小学校は,「入学申込者多数のため既に二箇月以前本校の予定数に達し,以後の申込者は遺憾ながら謝絶の止む無きに至れり」とあるように,この当時の同校では申込先着順に受け付け,入学者を決めていた。
小針 誠 (2015). <お受験>の歴史学:選択される私立小学校 選抜される親と子 講談社 pp. 99

近代家族

 男親が企業や団体の専門・管理・事務職として賃労働に従事し,女親が専業主婦として家事,育児に専念する性別役割を主体とする核家族は一般に「近代家族」(modern family)と呼ばれている。戦前期の近代家族をモデルにした家族形態は戦後の高度経済成長期に大きく拡大し,幼稚園・小学校を含めた受験競争の拡大と激化に資するところとなった。
小針 誠 (2015). <お受験>の歴史学:選択される私立小学校 選抜される親と子 講談社 pp. 86

社会的評価

 社会的評価に合わせるように,入学者の質も向上するようになった。私立大学の中でも例外的に高い社会的評価を受けていた慶應義塾や早稲田は,様々な諸特権を獲得する過程で,学歴や学力を問わずに入学を許可する「別科」を廃止,代わって,中学校を卒業した者の中から入学選抜を行い,それに合格した者のみを入学者とする「(大学)予科」の充実に力を注いだ。その結果,慶應義塾大学は学力の高い入学者を受け入れ,予科および大学部(本科)の教育によって,質の高い卒業生を輩出することが可能になった。それは企業における慶應義塾大学卒業生の処遇にも反映された。
小針 誠 (2015). <お受験>の歴史学:選択される私立小学校 選抜される親と子 講談社 pp. 71

学歴・学校歴

 明治初期には,学校制度が未整備で混沌としていたこともあり,どんな学校で勉強しようと学力があり,その学力をもって試験に突破しさえすれば,進学の機会や職業資格を手に入れることができた。ところが,1880年代から90年代にかけて,学校制度が整備され,進学の階梯的なルートが確立されると,特定の学校を卒業したことが次の上位段階の学校に進学するうえでの前提条件になった。また,学力はその証明である「学歴」に変換され,さらに卒業した学校のランクや威信を示す「学校歴」を基準に,進学・就職の機会や職業資格が配分された(天野, 1983)。
小針 誠 (2015). <お受験>の歴史学:選択される私立小学校 選抜される親と子 講談社 pp. 67-68

窮余の策

 つまり,「公立(小)学校」の数が十分ではなかった東京では,窮余の策として,近世以来の既存の寺子屋(手習い塾)や私塾などを「私立小学校」として認可し,公教育の普及を図っていった。また私立小学校は公立小学校の代用とみなされ,「代用私立小学校」という名称・制度のもとで,私立小学校への通学が認められることになった。手習い塾や私塾の師匠たちは,東京府の開催する研修等に通い,「学校教師」としての振る舞いや近代学校の教授法を習得するよう指導された。しかし,私立学校は代用である限り,一般には公立学校よりも格下の学校として位置づけられ,公立小学校が普及するにつれ,私立小学校は次第に淘汰され,その数も減少していった。
小針 誠 (2015). <お受験>の歴史学:選択される私立小学校 選抜される親と子 講談社 pp. 58-59

日本の私立小学校の特徴

 プレップ・スクールを比較対象として見ると,日本の私立小学校の独自性が明らかになる。共通点を挙げれば,総じて学費が高く,家庭環境に恵まれた子弟・子女を対象とした私立の初等教育機関である。相違点を挙げれば,教育理念や経営面で国や地方自治体から完全に独立しているプレップ・スクールと,カリキュラムは学習指導要領に拘束され,都道府県知事の認可を受け,助成を受けることができるなど,国や地方自治体の規制の中で運営される私立小学校。そして,私立の中等学校(パブリック・スクール)に進学するには共通学力テストを受験し,厳しい選抜が行われるプレップ・スクールと,併設上級学校にエスカレーター式に進学できる私立小学校。入学者の選抜においては,縁故主義,個別主義を旨とするプレップ・スクールに対して,集団主義的かつ建前上は縁故を廃した能力主義,競争主義による選抜を行う私立小学校など,両国の私立初等教育機関の対照的な特徴が浮き彫りになる。
小針 誠 (2015). <お受験>の歴史学:選択される私立小学校 選抜される親と子 講談社 pp. 52-53

プレップ・スクールと私立小学校

 単純に日本の私立小学校と比較することはできないが,少人数教育の導入,国や自治体からの運営補助がないことや入寮する児童の割合が高いこともあり,プレップ・スクールの教育や学校運営には高いコストを要する。その結果,家庭の経済力による選抜は日本の私立小学校の入学以上に厳しいと予想される。
 したがって,高額な授業料や寮費はプレップ・スクールを選択するうえで大きな阻害要因になり,その時点で経済的な選抜を受けていることになる。プレップ・スクールの児童の父親の職業は,ロンドン・シティの銀行や商社に勤務するサラリーマン,開業医や有名企業の顧問弁護士,あるいは自ら会社を興し,経済的に成功した実業家・起業家が多いという。また,先祖代々から相続される不動産で莫大な収入を得ている「無職」の保護者もいるようだ。
小針 誠 (2015). <お受験>の歴史学:選択される私立小学校 選抜される親と子 講談社 pp. 46

考査と面接

 入学選抜の課題は,大きく考査と面接に分類される。考査では,先の「はじめに」で見たようなペーパーテストのほか,口頭,行動観察,制作,運動の5つの課題に分けられる。「ペーパーテスト」では,記憶,数量,図形,言語,立体などの推理,科学・常識に対する理解など,年齢相応の学力を問う問題が入学考査課題として提示される。小学校就学以前には,数字やひらがなを含めた文字は未習であることを前提にしているため,それらを用いた出題は原則的にはないものの,学校によってはひらがな程度のリテラシーが前提になっている課題が提示されることもある。「口頭」は,試験管の提示する質問に回答させることで,ことばの発達や表現力など知的発達をみる試験内容である。
 「行動観察」は子ども同士や親子または在校生など異年齢集団の中での集団行動の様子を試験官が観察し,協調性や社会性をみる試験である。「制作」では,指示された作品統制を通じて,巧緻性や指示に対する理解力をみる試験である。昨今では集団制作を通じて協調性などをみていることもあるという。「運動」では,跳び箱,ボール,平均台,鉄棒などを使った簡単な課題を課し,指示の理解力,積極性・意欲,心身の健康状態をみる試験である。
小針 誠 (2015). <お受験>の歴史学:選択される私立小学校 選抜される親と子 講談社 pp. 34

小学校の学習費

 また,小学校に通う児童一人あたりの学習費は,文部科学省「子供の学習費調査」(平成24年度)によると,公立小学校児童の場合,年間の学習費総額の平均が30.6万円に対して,私立小学校の児童のそれは142.2万円にのぼる。その内訳は学校教育費82.2万円,学校給食費4万円,学校外活動費56万円であった。あた,私立小学校の学習費は幼稚園から高等学校までの私立学校の中でも群を抜いて高く,さらに公立小学校と比較したときの公私格差は4.6倍と,他の学校段階の数値が2〜3倍程度であるのと比して,著しく大きい。これにくわえて小学校入学前には入学選抜考査のための準備教育の教室・教材などの費用もかかる。
小針 誠 (2015). <お受験>の歴史学:選択される私立小学校 選抜される親と子 講談社 pp. 32-33

バイブルベルト

 南部人の間に,信仰に篤い人間,特に聖書を絶対視する人々が多いことは,「バイブルベルト」という名称でも言い表されている。ファンダメンタリストの保守的な教義に同調する人々にとっては,「昔からの宗教」というノスタルジックな感傷をもって迎えられるが,逆にその保守性に嫌悪感を抱く者にとっては,南部ブランドのファンダメンタリズムは,無知と感傷主義と偏見に基づいたものにすぎない。
ジェームス・M・バーダマン 森本豊富(訳) (1995). アメリカ南部:大国の内なる異郷 講談社 pp. 232

サザンホスピタリティ

 現在の南部人をひとことで言い表すとどういう特色が見出されるかを,他の地域のアメリカ人に聞いてみれば,おそらくかなりの人々が次のような返答をするのではなかろうか。「彼らは一般に礼儀正しく,親切で友好的である」と。いわゆるサザンホスピタリティという表現に凝縮される。南部人の人なつっこさはよく知られている。南部人ばかりが親切で,それ以外の地域のアメリカ人が不親切であるということを言っているのではもちろんない。ただ,一般に南部人は見知らぬ人でも歓待する傾向が強い,ということを述べているにすぎない。そして,こういった風潮は,家庭教育の中で自然に身に付けていくものなのである。
ジェームス・M・バーダマン 森本豊富(訳) (1995). アメリカ南部:大国の内なる異郷 講談社 pp. 226-227

タバスコ

 タバスコが飛躍的に売り上げを伸ばしていったのは,唐辛子よりもむしろ塩の恩恵によるところ大である。現在でも年間50万トンを産出している岩塩ドームの塩を運搬するために,サザン・パシフィック鉄道が近郊の町ニューイベリアまで線路を延長したので,タバスコもこの鉄道敷設に便乗して世界中で売り上げを伸ばしていったというわけである。
ジェームス・M・バーダマン 森本豊富(訳) (1995). アメリカ南部:大国の内なる異郷 講談社 pp. 155

テキサス共和国

 さて,結局,独立軍はアラモ砦での戦闘の後,サンハシントの戦いで勝利した。そして1836年に,総司令官サミュエル・ヒューストン(1793〜1863)を初代大統領とし,テキサス共和国として独立。1845年には,アメリカ合衆国に奴隷州として併合された。アメリカ軍は,その後さらにメキシコシティまで進軍し,1848年にはグァダルーペ・イダルゴ条約によって,メキシコのテキサスへの請求権を放棄させたうえにカリフォルニア,ニューメキシコも譲渡させ,1500万ドルの賠償金の支払いを命じた。
ジェームス・M・バーダマン 森本豊富(訳) (1995). アメリカ南部:大国の内なる異郷 講談社 pp. 71-72

テキサス独立

 連邦の崩壊はまた,テキサスのメキシコ領の発展とも関連があった。メキシコ側からの招きもあって,テキサスには多くのアメリカ人が移り住むようになっていた。1830年には,綿花栽培に従事する白人二万人と約二千人の奴隷がいたとされる。メキシコ人の人口を上回るには,さして時間はかからなかった。しかしながら,メキシコでは奴隷は禁止されていたこと,そして移住したアメリカ人は国籍を変える意思は無かったことから,メキシコ側にテキサスを独立した領地として認めるように申請した。
 メキシコ政府は,当然のことながらこの要望をしりぞけた。1836年,テキサス在住のアメリカ人がテキサス共和国の独立を目指して反乱を起こすと,メキシコ総督サンタ・アナは三千人の大軍を率いてサンアントニオを拠点とする「反逆者」の退治に当たった。アラモ砦にたてこもった187人の独立軍兵士は数日間にわたる激しい戦闘に耐えたが,圧倒的な兵力を誇るメキシコ軍の攻勢に耐えかね,玉砕という悲劇の結末を迎えることとなった。
ジェームス・M・バーダマン 森本豊富(訳) (1995). アメリカ南部:大国の内なる異郷 講談社 pp. 69-70

アメリカ南部プランテーション

 南部プランテーションでは,労働者の数が収穫高に直接結びついていたので,おそらく当時の状況からして,奴隷の数を増やす以外に収穫を伸ばす術はなかったといってよかろう。一家族で経営している農園の数の相当数あったが,中規模以上雨の農園で奴隷を使用していない所は無かった。収入を増やしたいのであれば,賃金を与える必要のない奴隷を買い取る以外に考えられなかったのである。
 プランターが奴隷を購入するのに要した金額は,一人当たり500ドルから1800ドルであったが,いったん手中に収めてしまえば,彼らの衣食住をまかなうには年間15ドルから60ドルで済んだのである。農地の拡大によってのみ増収が見込まれるという図式においては,労働力,すなわち奴隷の数を増やすことがプランターたちの主要な関心事であった。であるから,北部においては作物の収益が農機具や土壌の改良,設備投資などにあてられたのに対して,南部ではそのほとんどが奴隷および農地購入の資金として使われた。いったんこのパターンが定着すると,そこから抜け出すことはほとんど不可能であった。
ジェームス・M・バーダマン 森本豊富(訳) (1995). アメリカ南部:大国の内なる異郷 講談社 pp. 23

無視して構わない

 すばらしい。
 文句のつけようのない計画だ。
 なによりすばらしいのは,計画を立ててしまったいま,それを百パーセント完璧に無視してかまわないということだった。
ダグラス・アダムス 安原和見(訳) (2017). ダーク・ジェントリー全体論的探偵事務所 河出書房新社 pp. 217

カッコに入れてしまえば

 あの「扉」は「出口」だ。
 これでよし。
 答えのわからないものごとを相手にするときは,「  」に入れてしまえばうまく行くものなのだ。
ダグラス・アダムス 安原和見(訳) (2017). ダーク・ジェントリー全体論的探偵事務所 河出書房新社 pp. 61-62

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Copyright ©  -- I'm Standing on the Shoulders of Giants. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /